新型コロナウイルス対策に漆喰が有効です!

OIP2
こんにちは!伊藤です!

新型コロナウイルスの影響で毎日気が抜けない
日々が続いているかと思います。。
神奈川県でも緊急事態宣言が発令されたことにより
恐怖を感じている人たちも多いのではと思います。

さて今回のブログのタイトルにもあるように私たちが普段から
使っている「漆喰」が実は新型コロナウイルス感染予防につながる
ことが分かりました!
OIP7

漆喰は消石灰を原料としており、強アルカリ性の環境を作り出すことで
あらゆる菌、ウイルスを死滅させます。
インフルエンザウイルスについては99.9%不活化させる作用がある事が
実証されており数年前、鳥インフルエンザが流行した時も、厚労省の指示で
養鶏場を消石灰で消毒している様子がTVで中継されていました。

色々調べてみるとウイルスには”エンベロープウイルス””ノンエンベロープウイルス”の2種類が存在します。
エンベロープとは、単純ヘルペスウイルスインフルエンザウイルスヒト免疫不全ウイルスなど
一部の
ウイルス粒子に見られる膜状の構造のことです。新型コロナウイルスはインフルエンザウイルスと同じ、『エンベロープウイルス』という同じ膜状の構造をしていますので
理論的にはインフルエンザウイルスに対する効果と同じと言われているようです。

fig_flow_11
無添加住宅では全ての壁・天井を漆喰塗になっています!
新築はもちろんのこと、リフォームでお部屋を漆喰塗にすることで
新型コロナウイルス感染リスクを低減することが出来ます!

新築・リフォームのご相談をモデルハウスだけでなくお電話やメールでも
随時承っておりますので、お気軽にお問合せ下さい!

TEL:0120-610-495
メールアドレス:info@yokohama-mutenka.com