スタッフブログ

2015年7月9日|カテゴリー「スタッフブログ
こんにちは!
いつもワクワク、無添加住宅@横浜平沼橋の高橋です。

今日は、前回のブログでご紹介した、「のらぼう菜」を調理してみたので、
ご報告します

だいぶ大きく成長してしまったのですが、はたしてお味は。。。




無農薬なだけあって、虫食いはいっぱいあるのですが、安心して食べられますよね。
さて、どんな風にして食べようかな~?

と考えたんですが、レパートリーの少ない私。

結局、何も思いつかず、おひたしにすることに。

茹でること数分。緑がとってもキレイになりました!

硬さもちょうどよい程度で、湯から取出してサッと水洗い。

そのまま食べても美味しいのですが、ちょっと一工夫してみようと思い立ちました。

ごま油お塩をまぶしてみたら、これが美味しのなんの!

刻んだ海苔があたらもっと美味しいかもと思います。

ごま油をラー油に変えて、ちょっとピリ辛っていうのも美味しそうですね

みなさんも、あぶら菜なんかで試してみてはいかがですか?
f1e299d1ae0a736374c895c7890981b7-column21
8a942f019b80dc6895a9f347b0270ba8-column22
2015年6月27日|カテゴリー「スタッフブログ
3eb40ad27cb7666eb2af5f5e392b40d8-column11
こんにちは!無添加住宅@横浜平沼橋の高橋です

平沼農園の野菜たちも順調に育ってきています。
トマトにきゅうり、ブルーベリーにのらぼう菜♫

みなさん、のらぼう菜ってご存じですか?

アブラナ科の野菜で西多摩地区で多く栽培されているそうです。
その昔、オランダの交易船が持ち込んだ西洋アブラナの1種で、
江戸時代の初期には栽培も始まっていたんだとか。
耐寒性に優れていて、茎を取っても次々と脇芽を出す程、生命力旺盛
なため、天明の大飢饉や天保の大飢饉の際に人々を飢餓かた救った
とされています。

そんな”のらぼう菜”の食べ方ですが、やはり一番は、おひたし♫
お醤油でも美味しいですが、マヨラーな僕のオススメはマヨネーズ
茹でたのらぼう菜にマヨネーズをつけていただきます。

食べてみたい方は、無添加住宅@横浜平沼橋展示場へお越しください!
まだ、収穫できるので、差し上げます
c5bf25defde27a08dcb303ec7bd9384b-column22
これがのらぼう菜です。キレイな黄色い花が咲いてます。
52c80eadf49221b53d9f9348a7df93061-column23
アブラナ科だけあって、モンシロチョウが花の蜜に誘われて
やって来ています。
464d6ff9bcd2049eaea2974497faf3cc-column24
トマトも綺麗に色づき始めています。
34493d0e35f4922d479f1476e54eeda4-column25
きゅうりも花が咲き始めています。
花の根元が膨らんで、きゅうりになるんですよ。
03c4e7cb6c1e9c2768eaa074b326fd3a-column26
ブルーベリーもたくさん実をつけてくれました。
もう少し熟したら、食べごろですね~
8ec64af22cb49bb4e3da14e9f30a2513-column27
これ何だか分かりますか?

実はこれ、ミョウガなんです
きざんで冷奴の薬味にしてたら、
冷えたビールとよく合うんですよね
2879e96eb6875b54303cf137837f737d-column18
先月田植えした稲も、こんなに成長しましたよ
美味しくな~れといいながら、お水をあげてます!
2015年6月6日|カテゴリー「スタッフブログ
IMG_0667-column11
前回のブログに写真を載せておりましたが、ついに田植えの準備が出来ました
明日は、雨の様なので少し残念ですがお客様のお子様に手伝って頂く予定です

もちろん、無農薬です

無農薬といえば、人によっては「無農薬野菜の方が危険だ」とおっしゃる方がいらっしゃいます。

それは、植物は病原菌や害虫に遭うと抵抗物質(生体防御たんぱく質)を出しその物質が原因となって

食べた人にアレルギー症状を引き起こすことがあるからです。


しかしながら、農薬が開発される遥か以前から植物が備え持ってきた機能であって、人もまた当たり前のように

それらを食べ、かつ共生してきたし、農薬(人口の化学合成物質)を使い虫も食べられない植物は人も食べたくない

はずです。また、人は、菌と共存して生きてます。

無添加住宅では、ファブリーズ等の抗菌・消臭の商品をおススメしておりません。

私達にはたくさんの菌がおります。菌と聞くと、ばい菌をイメージしてしまいます。しかし、私達には沢山の良い菌も体に

おります。ファブリーズは、化学物質により抗菌する為、良い菌も殺してしまい、結果本来いるはずのない別の悪い菌

を付着させる可能性も出てきます。赤ちゃんが手や物を口に入れたがるのは、菌を取り入れ免疫をつける行為だからだ

そうです。無添加住宅創設者の秋田氏は、抗菌商品(化学物質)が出回り、アレルギーの方が増えたと仰っておりました。

無添加住宅では、沢山の化学過敏症の方・シックハウス症候群の方・アレルギー体質(アトピー・喘息)の方が来られます。


そんな方々も安心して住め、シックハウス保証もつけているくらい安心・安全の住まいづくりをおりますので、是非、心配な方は


ご相談にきてくださいね

IMG_0670-column32
去年、育てたきゅうりの種を植えてみたら芽が出てきました
IMG_0672-column33
トマトは苗を購入しました。すでに実がついてます。去年は650個収穫しましたが今年は1000個越え頑張ります
IMG_0674-column34
収穫したニンニクを干してます
2015年5月30日|カテゴリー「スタッフブログ
IMG_0754-column11

無添加住宅代理店総会にて開催された設計コンペにおいて、高橋が第3位で表彰されました


設計コンペは、総会の約1年前にお題が出され、各代理店がプランを作成し、本部でベスト16まで絞ります。

代理店総会で、選ばれた16作品の作成者の名前を伏せて、すべての代理店の投票で順位が決まる

のですが、大変名誉な賞で、表彰式は毎年すごく盛り上がります

どの代理店もすごく凝ったプランを作成する中、素朴でシンプルなプランで仕上げて、テーマでもある

『悠久の美』を表現しております。

展示場にも展示しておりますので是非、見に来て下さい

IMG_06811-column1
2015年5月30日|カテゴリー「スタッフブログ
IMG_07572-column11
無添加住宅の総会で、弊社、住建情報センターが表彰されました

7つの部門で表彰があったのですが、その内、4つの部門で表彰をいただきました

下の写真は、弊社代表の小泉が秋田社長より賞状をいただいているところです。


賞の一つに「無添加住宅資材平均購入高」という表彰がございます。

この賞は、無添加住宅資材ばかり使っている会社が当然上位にくるのですが、その中で

弊社が第1位を頂ける事は大変名誉な事で、弊社、住建情報センターが日本で1番、

無添加な家を建てている証明となり、お客様にとっても安心してご依頼いただけるのでは

ないかと思っております。その証明となる賞を頂けて嬉しく引き続き精進して参ります


IMG_06981-column22
いよいよ表彰式です
IMG_0693-column23
161社の中で1位をいただきました。
そのほか、3部門で表彰いただきました。
IMG_0701-column24
目録で「漆喰」をいただきました
IMG_0705-column25
弊社代表、小泉のスピーチです。
来年もこの場に立てるように頑張ります
scroll-to-top