外壁しっくいの雨に対する処置はされていますか?

MG_47761-column1
外壁のしっくいには、撥水のために柿渋とサラダ油を混ぜています。

仕上げの前には、モルタルを塗り、さらに下地には透湿防水シートを採用しています。

ですので、内部、外部が雨水のような大きい粒子は入りませんし、

壁の中に絶えず湿気かこもるようなことはありません。

また、サッシ廻りもYKKAPと共同特許を取得した専用のアルミ水切りを

標準仕様としておりますのでご安心いただいております。

ちなみにその昔、柿渋は番傘の表面に防水の意味で塗っていたんですよ。