武井 潤

0bfee2d4b45ee38742cc7b434f849efa
名前
武井 潤 (たけい じゅん)
生年月日
昭和49年9月21日
出身地
長野県松本市
資格
二級建築士 宅地建物取引士
好きなもの
アニメ 漫画 ディズニー 可愛い物(トトロ)

私の歴史

5673e144f0995d52900bd916903ec7cc

長野県松本市で武井家の長男として生まれました。

父親は地元で軽天・内装業を営んでおり、学生時代は長期休みに手伝いもしていました。

家族は両親と妹二人の5人家族で、妹がいたことから、面倒見が良く、子供に好かれるタイプです。

父はモノづくりが好きでよく物置や犬小屋などを作っていました。それを見て育った私も、絵をかいたり、ブロックや粘土などでモノをつくることが好きな子供でした。この頃からすでに父親のDNAを受け継いでいたのかもしれません。

 高校卒業後は、父親の仕事を手伝った事や、モノづくりや美術が好きだった事から建築の道しかないと、上京し建築の専門学校へ進学いたしました。



66338cc51bcaeb845dc9b9533303bde0

定職に付かず23歳とまだ若い歳でしたが、子供を授かりました。そして、これまで学んできたことを活かす為ハウスメーカーに営業職で就職しました。

ただ当時は、先輩に叱咤されながらがむしゃらにお客様の為、そして自分の家族の為に家づくりのノウハウを学んでいきました。

2人目の子供が授かった頃、父から『実家に戻って仕事を手伝ってくれないか』との話があり、実家の松本に帰ることになりました。

90287fef7e8cb339de63f45aa9304b2e

帰省当時、父は変わらず軽天・内装の仕事をしていました。

私も職人として一緒に仕事をしだして数年経った頃、父が『工務店をやりたい』と言い出し、私は、二級建築士の資格を取り、工務店を起ち上げる事になりました。

元々職人として仕事をしていた時から、新築特有の匂いを感じていました。そんな時、不意に出会った漆喰、この漆喰を使うことにより健康で快適な住宅になるし他社との差別化にもなるとして、クロスを使わずに漆喰を使った住宅を造ることにしました。

しかし、漆喰住宅の完成見学会をした時、あるお客様が来られ、室内に入って一言おっしゃいました。

『このうちでも匂いがする。漆喰を使っていてもやっぱりダメね』と。

そのお客様は化学物質過敏症の方で、昔から何十年も経った古い住宅でないと住めないとお話されていました。当時、その話を聞いた時自然素材を使った家でもダメなのか、新築でこの方が住める家はあるのだろうか?と住宅のどうにもならない壁にぶつかり、そんな住宅は難しい、と諦めて頂き悔しい思いをしたと記憶しています。

2011年東日本大震災が起きた約3か月後の6月30日、松本でも震度5強の地震が発生。

地元では新築物件が激減。父と立ち上げた工務店も地震から数か月で閉店する事に。

その後、東京の工務店を紹介して頂き、再度上京し注文住宅の営業として建築の仕事に携わる事になりました。その工務店で建てていた建物は健康というよりはコスト重視、施工性重視の住まいばかり、建売住宅に至ってはどうやったら安く建てられるかとコストの事ばかりでした。

20a213d15aa2cf7d640a723086fdd705

衝撃が走りました!

無添加住宅との出会いは、前の会社で先輩であった多賀部長に誘われたことがご縁でした。熱心に無添加住宅の事をお話され、私も興味が湧きました。この無添加住宅のモデルハウスを案内されたときに、本物だけを追求している、この無添加住宅の内装や外装は漆喰、構造材の接着剤はコメ糊やニカワを使い、屋根は石、断熱材も自然素材のコルクと至るところまで本当に害のないもの、本物だけで作られていたからです。この話を聞いたときに、当時、化学物質過敏症で悩まれていたお客様のことを思い出し、ここの家ならあのお客様も住めると確信しました。

私も花粉症などのアレルギー持ちです。

アレルギーは有害物質が一定量を超えたときに発症します。祖父は70歳を超えたときに花粉症を発症しましたし、私は30歳過ぎでした。人によってこの一定量は違うそうですが、以前より確実にアレルギー持ちの方が増えているように感じます。

最近では、ペットですら花粉症になるとの話です。

私も住宅営業として何十年も業界に携わって参りましたが、効率やコスト重視の住宅を作っていて、本当に健康的で快適な住まいの提供が出来ていませんでした。

無添加住宅の住まいは本物です。

この本物を少しでも知って頂きたいし自分たちのためだけでなく子どもたちのためにも知ってほしいと思います。

皆様に本当に喜んで頂けるよう頑張ってまいります。