松本 晃子

111
名前
松本晃子(まつもと あきこ)
生年月日
昭和36年4月
出身地
東京都
好きな事
旅行 猫と遊ぶこと 料理(得意料理はオーブン料理)
資格
宅地建物取引士
ファイナンシャルプランナー
無添加住宅検定
221-e1560221175862
幼少の頃からものづくりが好きで、工作の課題では大好きな絵本「ラプンツェル」が住んでいたような洋館や、和風の建造物の模型をつくったりして、図画工作の成績はいつも「5」でした。
学生時代に「PARCO」の広告に衝撃を受けた私は、そのまま広告業界に就職し、自動車メーカーのカタログ等の作成を手がけ、一からデザインしていくことの面白さ、素晴らしさを実感しながら、徹夜作業も何のそのでバリバリ働きました。

10年後、結婚・出産を期に主婦業に専念していましたが、娘の小学校入学と同時に、仕事がしたい!と考えるようになり、復職することにしました。化粧品の営業を8年間続け、お客様と接することや、喜んでいただけることに生きがいを感じていました。子育ても落ち着いた頃、よりスケールの大きい商品を扱う仕事がしたいと考えた私は、世界中の高級リゾートホテルの会員権を販売する仕事にめぐり逢い、「旅行好きの私にピッタリだ」と転職しました。
会員権の仕事でも順調に成績を伸ばし、充実した日々を過ごしていました。そんな折、沖縄に新しい支店を作ることになり会社から転勤のオファーがありました。チャレンジ好きな私にとってはまたとない機会だと思い、家族の協力もあり単身沖縄へ移住することにしました。沖縄での暮らしの中で、亜熱帯での大自然や天然の物、珊瑚のパワーなど自然との共存にとても感動しました。
しかし、転機が訪れます。リーマンショックの煽りを受け外資だった会社は日本からの撤退を決めたのです。
東京へ戻り転職を余儀なくされた私は、ローコスト住宅のメーカーへ就職しました。そこでは、あくまで合理的に住宅を「売る」。とにかく早く「売る」。そんな世界でした。確かに安価に家を持つことができるという利点はありましたが、建てたあとにメンテナンス費用が継続的にかかり、結果的には高い住宅になってしまうということを知り、お客様に対して申し訳ない気持ちになってしまいました。

孫も誕生し、自然や健康について真剣に考えるようになっていたとき、たまたま訪れた横浜のモデルハウスで「無添加住宅」に出会いました。建物に入った瞬間、沖縄での暮らしが蘇り、都会にいながらも大自然のような心地よさを感じることができました。そして、こんな家づくりがしてみたい!ここで働きたい!と感じ、入社しました。より多くの方に無添加住宅の素晴らしさを知っていただきたいと、日々精進しています。

そして、私の夢は孫と一緒に無添加住宅で暮らすことです!
まだまだ男性が多い住宅業界。主婦として子育ても経験してきた私が、奥様の悩みを解消する家づくりをご提案します。
女性だからこそできる相談などどんなに些細なことでも気軽にお申し付けください!
また、猫好きな私ならではのペットと楽しく暮らすためのアドバイスもいたします。

主婦目線で家づくりのお手伝いをいたします。
08c855a272b50af24897a2f77dc8a7cb1
331
36