住宅事業部/事業部長

多賀 俊明

Toshiaki Taga

PROFILE

生年月日
昭和36年2月21日
出身地
北海道 札幌市
好きな言葉
一生懸命
趣味
ドライブ・キャンプ
毎年、1度はキャンプに行っています。キャンプ好きの方、キャンプ話しませんか?

HISTORY 私の歴史

小学校時代

小学校6年間で2回も転校がありました。理由は父親の転勤(NTT)が理由です。

4年生の時と6年生の時に転校したのですが・・・転校するたびに友人との別れがあり寂しい気持ちと、新たに新しい友人が出来るとの喜びがありました。

私は話をすることが得意な方ではありませんでしたので1回目の転校の時には友人を作る事が非常に辛かった覚えがあります。何を話せば友達になってくれるだろう?どんな事をすれば仲間に入れてくれるだろう?など日々の学校での休み時間にどうしようといつも悩んでいました。悩んでばかりで私から話をする事ができないでいると、クラスの子から話をしてくれる様になりました。

クラスメイトの話をひたすら聞いていると、どんどん話しかけてきてくれる事に気が付きました。そんな経験があったので6年生の転校の時は自分から話をしないで話しをしてくれるのを待つ様にしたのです。

自分から話をするより話を聞いていく方が相手の事がわかったり、相手の気持ちがわかったりすることが経験としてあることが今の仕事に生かされている様に思います。

就職して・・・

学校を卒業し、いろいろな仕事に就きました。初めは車関係の仕事に興味があり札幌市の修理工場に勤めました。

その後、上京して日産ディーラーの修理工場に勤める事になりました。そこで修理をしてお客様に感謝される事に喜びを感じる様になりました。自分の仕事でお客様に喜んで頂ける事に目覚めた感じがあります。

その後もいろいろな仕事がしたくて転職をしましたが仕事の内容は「お客様に感謝される仕事」に就く事でした。

今から25年前に注文住宅の世界に入りました。もちろんお客様に喜ばれる事が目的です。

お客様の夢を実現する事、そして完成した時に喜んで頂ける事が一番の幸せと達成感でした。

無添加住宅との出会い

無添加住宅との出会いは最近です。小泉社長から誘いがあり「無添加住宅って本物だよ。」と言われたのが出合いです。

小泉社長とのご縁は25年前に私が住宅業界に入った時に支店長をされていたので私の上司です。

住宅業界のノウハウをいろいろと教えて育ててくれた恩師でもあります。小泉社長からいろいろと無添加住宅の事を聞かせて頂いているうちに前職での住宅が「やばい・・」と思える様になりました。確かにお客様の夢を実現させて喜んでいただいてはいるのですが、お客様ご家族皆さんの健康や安全などを考えていなかった事が申し訳ない気持ちでいっぱいです。

私の「お客様に感謝される仕事」がしたいと思って取り組んできた前職の住宅は本当に喜んで頂ける家になっていなかったと思います。これからは本当にご家族の健康と安全を取り入れた夢の実現で感謝される様に頑張ります。

無添加住宅の家は時と共に劣化するのではなく。

時代と共に味のある素晴らしい家になっていきます。
時代が過ぎてもみすぼらしい家にならない、だんだんと風合いが出る家に変化していきます。
外構も同じように風合いのある外構にしたいですね。

OTHER STAFF 他のスタッフを見る

  • 専務取締役

    中西 克友

    Yoshitomo Nakanishi

    家づくりにはロマンがある。

    家づくりにはロマンがある。

  • 建築事業部

    高橋 大輔

    Daisuke Takahashi

    無添加住宅を2度建てた男です。

    無添加住宅を2度建てた男です。

  • 建築設計部/設計

    永井 哲也

    Tetsuya Nagai

    住まい方、生活を基に家づくりしていきます。

    住まい方、生活を基に家づくりしていきます。

  • 建築設計部/設計

    原田 有美

    Yumi Harada

    無添加住宅の心地良さをぜひ、体感して下さい。

    無添加住宅の心地良さをぜひ、体感して下さい。

  • 住宅事業部/注文営業課 課長

    小川 敬雄

    Toshio Ogawa

    身内となり、家づくりをサポートします。

    身内となり、家づくりをサポートします。

  • 注文事業部/注文営業課 主任

    伊藤 司

    Tsukasa Ito

    会社で一番若く、スピード感があります!

    会社で一番若く、スピード感があります!

  • 住宅事業部/注文営業課

    武井 潤

    Jun Takei

    設計の理想は自分の家みたいなものをつくること(隈研吾)

    設計の理想は自分の家みたいなものをつくること(隈研吾)