佐藤 隆孝(現場監督)

sato
名前
佐藤 隆孝(さとう たかゆき)
生年月日
昭和45年6月22日
出身地
千葉県習志野市
好きな言葉
雨を喜び、風を楽しみ。
資格
一級建築士、一級建築施工管理技士,
一級管工事施工管理技士、
2級福祉住環境コーディネーター、
木造建築物の組立て等作業主任者、
建築物等の鉄骨の組立て等作業主任者、足場の組立て等作業主任者、
玉掛け技能者
好きなこと
妻と旅行に行くこと。
お酒・食事を楽しむこと。
身体に良さそうな食材探し。
①木造ハウスメーカー時代(1991年4月~2010年4月)
まず入社をしたのは木造のハウスメーカーでした。住まいの構造や工事の進捗、細かい納まりを覚え、職人さんたちを引っぱりながら13年間現場監督に携わりました。
またその現場の知識を役立てながら、お客様との窓口となる営業にも携わり、私がご提案した間取りの住まいをいくつもお手伝いする事ができ、5年間営業所長としても部下を育てる経験もしながら、計20年間その会社にお世話になり、その間の出会いが後の『無添加住宅』に繋がることになります。
木造ハウスメーカー:勤務20年(所長経験5年) (木造軸組工法115棟・2×4工法272棟)
②鉄骨のハウスメーカー時代(2010年4月~2015年4月)
木造のハウスメーカー在職中にとある鉄骨メーカーから新会社の立上を機に誘いを頂き、5年間鉄骨ハウスメーカーで現場監督として経験を重ねて参りました。
鉄骨ハウスメーカー:勤務5年  (鉄骨軸組工法28棟・ユニット工法55棟)
木造と鉄骨のハウスメーカーで、施工や営業として500棟ほど担当しました。
構造が木造であっても鉄骨であっても、構造部材や化粧部材などの建築資材は、化学製品が含まれるもので出来ており、家の中に入ってしまえば、どの建物も同じような建築資材を接着剤などで貼りつけた同じような家を繰返し施工する日々でした。
ところが縁とは不思議なもので、10年ほど前に出会った木造ハウスメーカー在職当時の上司と、また出会うことになりました。その上司の立上げた会社は、一般的なハウスメーカーとは違う住まいづくりでした。実際に建物を見て触れて感じました。『この家なら全てのお客様に満足して頂ける。』と思い、無添加住宅に惚れ込みすぐに転職し、気が付けば千葉県の持ち家を置いて神奈川県まで無添加住宅を追いかけてきてしまいました。今の目標は、千葉県の持ち家を無添加素材をふんだんに使用した住まいへ建て替える事です。
sato1
sato2
2016年11月に、無添加住宅の原点となるアンド―ラ公国や南フランスの家を見学に行きました。数百年も前から経っている建物を目の当たりにし感慨深く、住まいづくりへの想いはよりいっそう堅固なものになりました。
弊社には私と20年以上前に職場を同じにしたもう一人現場監督がおります。この二人で世界に二つと無い、素敵な無添加住宅のお住まいをつくってまいります。
sato3
sato4
sato5
↑ 私が施工を担当したお客様宅です。